2005年07月10日

意外と知らないサーフボード豆知識 No.2

NO2,クラッシュ
本格的にシーズンに入り、リペアーも日を増すごとに増えてきました。
大きなウネリがまた少ない為、大きなクラッシュは少しながら、「小さい箇所なで波のない日に
まとめて直してください」または、「もう少しクラッシュが増えてから.........」など、心配になる方もいます。

早期発見:
@海から上がり、着替える前にボードを水洗いして、タオルなどで拭いておきます。(ボードは明るいところに置いておく)
着替え終わったら、ボードをチェック!!クラッシュが有れば、塩が出てきます。
これが、一番簡単な見つけ方です。 この時に有る程度水を出し切れば、リペアーの取り掛かりも、早くなります。
もう一度、海に入りたい時も乾燥させてから、リペアテープで、対処してください。

*リペアテープは、張りっぱなしにせずに、必ず、海から出たら剥がしましょう。剥離の原因になります。
また、WAXなどを傷口などに詰め、テープの代用に出来るなど俗説が有りますが、絶対やめましょう!!

Aワックスダウンは、まめにしましょう。意外なダメージが見つかるものです。

Bショートボードの多くは、デッキとボトムでは強度が違います。
着替えの時など、ボトム面を下にしている方を良く見かけますが、ボトムの方が弱く作られています。
小石など十分注意してください。
posted by pierside at 00:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識:サーフィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

意外と知らないサーフボード豆知識 No.1

当店のリペアーなどから、〔これを気をつければ!〕をアドバイスしていきます。
また、ご意見、質問などメールにて受け付けます。お気軽にどうぞ!!


NO1,サーフボードの黄ばみ について

紫外線による黄ばみと思われている方がほとんどだと思います。
しかし、黄ばみにも色々有る様で、新しいボードでは、ボードの仕舞い方でかなり変わるものです。

たとえば、友達と同時期に新しい板を購入しても、数ヶ月経つと一目で色の違う時など気になるものです。
これは、サーフィンした後のボードの仕舞い方で変わります。

対処法:
 @水洗い。〔塩分と砂やゴミは、よく流してください。〕
 Aタオルなどで、良く水をふき取る〔ここが一番大事です〕
 B家に着いたら、なるべくボードケースから出しておきましょう。
*黄ばみの多くは、汚れや水分による微生物の発生によるものだと思われます。
 (リペアーで、サンディングした所だけ、異様に白くなる時が、たまに見かけられます。)
posted by pierside at 00:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 豆知識:サーフィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。